2017年12月1日

EMドライブ(EM Drive)というものがあることを最近まで知らなかった。

これに関する情報は検索すればたくさん出てくるのであえてここで詳しい説明はしないが、銅などの導電率の高い金属で密封状の容器を作り、その中にマイクロ波を放射すると容器に推力が働くらしい。

 

電磁波には輻射圧というものがあり(力の正体はローレンツ力)これが容器に推力を生んでいそうだが、前述のとおり容器は密封されており、そのなかでマイクロ波が反射を繰り返している状態、イメージ的には容器の内側から均等に叩いているような状態、なので容器は動かないはずである。

 

しかし、ラジオメーター効果などの影響で容器に力がはたらく可能性は充分考えられる。

 

例えばこの実験などはコメントにもあるように、熱気球のように容器内の空気が熱せられて浮力が発生しているのかも知れない。

 

このEMドライブ(EM Drive)の実験を当方がすることは可能である。適当なブリキで箱を作り、廃品の電子レンジからマグネトロンを抜いて高圧電源につなげば実験装置は簡単にできる。しかし仮に推力が発生したとしても空気中でおこなう限り、反論されるのは目に見えている。

 

実はこのEMドライブ(EM Drive)はNASAが真空中で追試実験を行なっており、これによると約80Wの電力で約0.117mNの力が生じている。

この実験そのものはNASAの公式発表ではなくリークらしいが・・・・当方もよく知らない。

 

この未知の推力が発生することはどうやら事実らしい。

 

ところでこのEMドライブ(EM Drive)で当方が真っ先に思い浮かんだのはベアリングモータです。動画の1:44:00からご覧下さい。

 

モータは通常、フレームに固定された電磁石または永久磁石がなければローターは回転しませんが、このベアリングモータはその固定子にあたる部分がなく、反動を受けるところが無くとも回ります。

 

原理はすでに解明されておりローターの回転数に比例して逆起電力が発生するエネルギー的には普通のモーターとあまり変わりないのですが、トルクの発生の仕方が少し変わっていて、このアナロジーからEMドライブ(EM Drive)の推力もローレンツ力で説明できないかといろいろ考えたのですが、やはりお手上げでした。

 

ウンルー効果が推力発生に関与しているとか言われてますが、当方はこのウンルー効果がよくわからないのでノーコメントにします。

 

ただ、従来の物理法則では考えられなかった電磁気が空間に影響を与えるような現象があってそれによって空間がひずんでその上にある容器に力が働いているように見える・・・・・のかな?飛躍しすぎですね。

 

マイクロ波でしかこの現象は起こらないのかな?と思案していたら彼の顔を思い出しました。ジョン・ハチソン氏のハチソン効果。

 

更にとどめとして、未知の力を発生させることに留まらず、電磁波の干渉効果で時空にワームホールを作ろうとする猛者もおりました。

 

もうこの辺でやめておきましょう。

それでは。

当サイトは第三者の権利侵害・誹謗中傷を行なうサイトではありません。

永久機関、フリーエネルギー詐欺等による公序良俗を乱す行為を防止する目的として運営しております。

株式会社ジャポニズムライフイノベーションさんの電磁力発電機
QEG
ケッシュ財団
電磁気学のパラドックス
株式会社栗田工業さんの回転システム
倉田大嗣氏の油化還元装置
井出治氏の超効率インバーター
ニコラ・テスラの特許
水ガソリン詐欺事件
超発明株式会社さんの発電機
超効率の内熱機関
知花敏彦氏の研究所にあったフリエネ
パルスモーター
ガウス加速器
マグネットモーター
飯島秀行氏のモーター
佐野千遥氏
重力モーター
常温核融合
NES国際総合研究所さんの非接触磁気ニュートラル方式レシプロ型トルク増幅装置
無燃料発電機用動力装置
株式会社ヒョンラボラトリさんのフリーエネルギー発電機
木下博道氏の回転機構
クインケ管を利用したフリエネ装置
海苔巻きコイル
ブラジルのフリエネ発電機
Steornのフリエネ装置
遅延レンツ効果
EMAモーター
磁気熱量効果
池田吉康氏の水力発電装置
島根大学の講義配布資料「真空の性質」
清家新一氏
浮力を使った永久機関
GHP
太陽光発電
半永久的に使える蓄電池
オオマサガス
パキスタンのフリエネ装置

入力0ワットのフリエネ装置
松田卓也氏の電流に関する仮説

今中忠行氏の水から石油を作り出す技術

井口和基氏

エクボ株式会社さんの重力発生装置

磁石を回転体につけるとトルクが増大(燃費向上?)

ke mu氏の無反動推進装置 New!